コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泉門 しょうせんもんposterior fontanelle

2件 の用語解説(小泉門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小泉門
しょうせんもん
posterior fontanelle

後泉門ともいう。新生児にみられる泉門の一つ。左右の頭頂骨と後頭骨の間にある三角形の膜様組織部分をいう。前頭部にある大泉門に比べて小さいのでこの名がある。頭蓋の矢状縫合と人字縫合とが合するところにあり,生後2~3ヵ月で閉じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小泉門
しょうせんもん

ヒトの出生時には扁平(へんぺい)である頭蓋(とうがい)骨はまだ相互に縫合結合をしていないで、骨と骨との間には間隙(かんげき)があり、膜性の結合組織が張られている。これらの頭蓋骨があわさる角(かど)のところの間隙はとくに大きくて泉門とよぶ。小泉門は左右の頭頂骨と後頭骨との間にできる間隙で、頂点を前方に向けた三角形状を呈している。小泉門は生後6か月から1年くらいで閉鎖する。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小泉門の言及

【泉門】より

…指で触れることができるばかりでなく,脈拍に一致してぴこぴこ動くのが見えるので〈おどり〉〈おどりこ〉などともいい,〈ひよめき〉もここから出た名である。泉門は4種6個あり,大泉門(左右の頭頂骨と左右の前頭骨の間のひし形の泉門)と小泉門(左右の頭頂骨と後頭骨の間の三角形の泉門)は非対性,前側頭泉門と後側頭泉門は対性である。そのうち大泉門が最も大きく,単に泉門といえばこれをさす。…

※「小泉門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone