鎮魂の祭(り)(読み)タマシズメノマツリ

デジタル大辞泉の解説

たましずめ‐の‐まつり〔たましづめ‐〕【魂の祭(り)】

肉体から遊離しようとする魂や、遊離した魂を肉体に落ち着かせるための儀式。
宮中で、陰暦11月の中の寅(とら)の日(新嘗祭(しんじょうさい)の前日)に行われた祭儀。天皇・皇后皇太子などのを鎮め、御代の長久を祈ったもの。みたまふり。ちんこんさい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android