コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮魂の祭(り) タマシズメノマツリ

デジタル大辞泉の解説

たましずめ‐の‐まつり〔たましづめ‐〕【魂の祭(り)】

肉体から遊離しようとする魂や、遊離した魂を肉体に落ち着かせるための儀式。
宮中で、陰暦11月の中の寅(とら)の日(新嘗祭(しんじょうさい)の前日)に行われた祭儀。天皇・皇后皇太子などのを鎮め、御代の長久を祈ったもの。みたまふり。ちんこんさい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鎮魂の祭(り)の関連キーワード新嘗祭儀式鎮魂宮中肉体

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android