コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮花祭 ちんかさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎮花祭
ちんかさい

奈良県桜井市大神神社とその摂社である狭井神社(さいじんじゃ)で毎年 4月18日に行なわれる祭り。「はなしずめのまつり」ともいう。奈良時代の『令義解』にもこの両社で行なうことが記されている春の祭りで,古代においては朝廷の神祇官によって行なわれる国家的祭祀であった。花の散る頃に疫病神も分散して疫病をはやらせると考えられていたことから,それをしずめるために行なわれるようになった。大神神社と狭井神社で行なわれるのは,崇神天皇の治世に疫病が流行した際に,大神神社の祭神である大物主神をまつったところ疫病がやんだことによると伝えられる。今日では薬祭りとも呼ばれ,奈良県内はもちろん全国の薬業関係者が参集し,神饌として薬草でもあるユリの根とスイカズラを供えて,まず大神神社,次いで狭井神社で神事に臨む。同様の祭りには,平安時代に始まったと伝えられ,今日では毎年 4月第2日曜日に行なわれている,京都市北区紫野の今宮神社のやすらい祭などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちんか‐さい〔チンクワ‐〕【鎮花祭】

平安時代以降、神祇官で、陰暦3月の桜の花の散るころ特に活動するといわれる疫病神をはらうため、大和大神(おおみわ)・狭井(さい)二社の神を祭った行事。神社でも行われ、現在は簡略化されて伝わる。はなしずめのまつり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎮花祭【ちんかさい】

〈はなしずめのまつり〉とも。旧3月落花のころは悪疫が流行しやすいので,奈良県桜井市三輪の大神(おおみわ)神社と狭井(さい)神社などの疫神をまつることが定められた(大宝律令,延喜式)。
→関連項目厄病神

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんかさい【鎮花祭】

〈はなしずめのまつり〉ともいう。疫病が流行しないようにと疫癘(えきれい)を鎮めるまつり。神祇令の鎮花祭は注釈義解〉によると,毎年旧暦3月(季春)に奈良県桜井市の大神(おおみわ)神社と,同神社の摂社である狭井(さい)神社(狭井坐大神荒魂神社)の二つのまつりで,それは春の花が飛び散るときに,疫神が分散して病気を流行させるので,これを鎮めるために行われるものとある。このまつりの起源は,崇神天皇が大田田根子(おおたたねこ)に三輪の神をまつらせたのがはじまりとされ,その後,平安時代にも盛んに行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちんかさい【鎮花祭】

昔、宮中などで行われた行事の一。陰暦三月の花の散る頃、疫病の流行をしずめるため、行疫神ぎようやくじんの大神おおみわ・狭井さいの二柱の神をまつった神事。平安時代には、宮中や各地の神社で盛んに行われた。現在、京都今宮神社で四月に行われる安楽やすらい祭はその遺風。はなしずめのまつり。

はなしずめのまつり【鎮花祭】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鎮花祭の言及

【春祭】より

…祭りは本来季節をもたらす行事であるから,季節感覚に先行する傾向がある。古代律令制で神祇官所祭の四時祭では,仲春2月の祈年(としごい)(祈年祭(きねんさい))と季春3月の鎮花(はなしずめ)(鎮花祭(ちんかさい))とが春祭にあたった。祈年のトシの原義は稲穀の実りをいい,春に農事を開始するにあたり御年神に一年の稲作が無事に成就して豊かで平和な年であることを祈る祭りが祈年祭であり,鎮花祭は古来御霊を意味するモノの主である大物主神をまつる大神(おおみわ)神社の神事で,モノを花に見立てモノの飛散が悪疫を流行させぬよう落花を鎮める行事だとされる。…

【鎮花祭】より

…疫病が流行しないようにと疫癘(えきれい)を鎮めるまつり。神祇令の鎮花祭は注釈〈義解〉によると,毎年旧暦3月(季春)に奈良県桜井市の大神(おおみわ)神社と,同神社の摂社である狭井(さい)神社(狭井坐大神荒魂神社)の二つのまつりで,それは春の花が飛び散るときに,疫神が分散して病気を流行させるので,これを鎮めるために行われるものとある。このまつりの起源は,崇神天皇が大田田根子(おおたたねこ)に三輪の神をまつらせたのがはじまりとされ,その後,平安時代にも盛んに行われた。…

※「鎮花祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎮花祭の関連キーワード花祭(愛知県)犬飼 志げの花鎮めの祭民俗芸能悪魔送り気多神社花鎮め宮中小祀春祭遺風

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android