中祀(読み)チュウシ

大辞林 第三版の解説

ちゅうし【中祀】

律令制で、国家の祭祀のうちまつりの前三日間の潔斎の必要なもの。延喜式では、祈年としごい祭・月次つきなみ祭・神嘗祭・新嘗祭・賀茂祭(葵祭)など。 → 小祀大祀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐し【中祀】

〘名〙 令制で、国家の祭祀を大・中・小の三等に分けたその一つ。祭の前三日間潔斎するもの。祈年祭(としごいのまつり)・月次祭(つきなみのまつり)・神嘗祭・新嘗祭・賀茂祭などがこれにあたる。
※律(718)職制「凡大祀預申一レ期、及不告所司者、笞五十〈略〉中小祀逓減二等、〈従大祀以下犯者、中祀減大祀二等〉」 〔隋書‐礼儀志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android