コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原忠脩 おがさわら ただなか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原忠脩 おがさわら-ただなか

1594-1615 江戸時代前期の武士。
文禄(ぶんろく)3年生まれ。小笠原秀政の長男。信濃(しなの)(長野県)松本城主。大坂冬の陣の際,父が城をまもり,忠脩が出陣。夏の陣では留守を命じられたが,したがわず天王寺の戦いで負傷し,老臣二木政成とともに慶長20年5月7日自刃(じじん)した。22歳。幼名は幸松丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小笠原忠脩の関連キーワード小笠原長次文禄

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android