小笠原長忠(読み)おがさわら ながただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原長忠 おがさわら-ながただ

?-1590 戦国-織豊時代の武将。
遠江(とおとうみ)(静岡県)高天神(たかてんじん)城主今川氏に属していたが,父氏興の時から徳川家康にしたがう。永禄(えいろく)12年家督をつぎ,姉川の戦いに参加。天正(てんしょう)2年城を武田勝頼軍に包囲され降伏した。天正18年死去。通称は与八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android