コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野勝義 おの かつよし

2件 の用語解説(小野勝義の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小野勝義

徳川中期の歌人。京都生。通称は元太郎、号は自然斎。芦門四天皇の一人、中年になり江戸に出て、加藤千蔭らと交遊し、のち京都に帰り大いに一家の説を唱えた。文化元年(1804)歿、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野勝義 おの-かつよし

1742-1804 江戸時代中期の歌人。
寛保(かんぽう)2年生まれ。小沢蘆庵(ろあん)に和歌をまなび,門下の四天王ひとりとなる。江戸にでて加藤千蔭(ちかげ)らとまじわった。京都所司代組与力をつとめた。文化元年5月16日死去。63歳。京都出身。通称は元太郎。号は自然斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小野勝義の関連キーワード斧木赤井一貞恵岳(2)原元斜与子橘御園田中佐十郎(初代)則栄梅風松平葛子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone