コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野崎尚甫 おのざき しょうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野崎尚甫 おのざき-しょうほ

1755-1806 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦5年5月25日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士天明飢饉(ききん)では能代(のしろ)奉行として救済にあたり人望をえた。享和3年参政となり,のち勘定奉行,銅山奉行,郡奉行などをつとめた。文化3年10月21日死去。52歳。本姓田崎。名は通賢。通称は主馬。号は華陽,寝隠斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小野崎尚甫の関連キーワードリスボンナポリ王国忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争政治経済論

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android