小野崎尚甫(読み)おのざき しょうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野崎尚甫 おのざき-しょうほ

1755-1806 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦5年5月25日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士天明飢饉(ききん)では能代(のしろ)奉行として救済にあたり人望をえた。享和3年参政となり,のち勘定奉行,銅山奉行,郡奉行などをつとめた。文化3年10月21日死去。52歳。本姓田崎。名は通賢。通称は主馬。号は華陽,寝隠斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android