小野栄重(読み)おの よししげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野栄重 おの-よししげ

1763-1831 江戸時代後期の和算家。
宝暦13年生まれ。江戸で藤田貞資(さだすけ)にまなぶ。伊能忠敬(いのう-ただたか)について東海と北陸の海岸の測量に従事。のち郷里の上野(こうずけ)(群馬県)板鼻にかえり,剣持章行(けんもち-あきゆき)らの門弟をそだてた。天保(てんぽう)2年1月26日死去。69歳。本姓は須藤。通称は捨五郎,良佐(りょうすけ)。号は子巌。著作に「弧背(こはい)真術弁解」「星測量地録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小野栄重の言及

【剣持章行】より

…上野国吾妻郡の沢渡の農家の出である。上野国板鼻の小野栄重(1763‐1831)に数学を学び,後に内田五観の門人となる。数学を好み,関東各地を遊歴して数学を教えた。…

※「小野栄重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android