コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野義成 おの よしなり

2件 の用語解説(小野義成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野義成 おの-よしなり

?-1208 鎌倉時代の武将。
小野成綱の子。弓術にひいで,建久3年の的始(まとはじめ)では射手をつとめた。10年源通親(みちちか)の襲撃をくわだてたが捕らえられ,配流(はいる)された。のちに放免され,建永元年延暦寺堂衆の蜂起(ほうき)のときは,院御所を警備した。承元(しょうげん)2年閏(うるう)4月3日死去。通称は野三左衛門尉,小野大夫判官。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野義成

没年:承元2.閏4.3(1208.5.19)
生年:生年不詳
鎌倉前期,京都における源頼朝の代官として勢威をふるった一条能保,高能父子の郎等といわれる。正治1(1199)年2月,頼朝急逝後に同じく一条家の家人後藤基清,中原政経と共に京都政界の実力者源通親襲撃を企てて失敗。鎌倉に送られ配流された(三左衛門の乱)。この際,宰相中将西園寺公経,右中将持明院保家,左馬頭源隆保らが出仕を停止させられ,文覚が検非違使に預けられるなど一条家の縁者や頼朝関係者の処罰が相次いだ。しかし義成はまもなく許されたらしく,子の成時と共に後鳥羽上皇に仕え院御所の警固や謀反人討伐などに当たっている。京で没した。<参考文献>橋本義彦『源通親』

(美川圭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野義成の関連キーワード一条能保妻岡崎義実久下直光里見義成昌寛北条時定(1)源兼能源広綱源頼兼安田義資

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone