小鹿渓(読み)おしかけい

世界大百科事典 第2版の解説

おしかけい【小鹿渓】

鳥取県中部にある小鹿川上流部の渓谷。三朝(みささ)町神倉(かんのくら)から中津貯水池まで約4kmにわたり,花コウ岩を浸食してV字状の谷が形成され,名勝に指定されている。谷底には甌穴(おうけつ),瀬や雄淵・雌淵などの淵,大岩塊など奇岩怪石が多い。両岸は新緑,紅葉が美しい。渓谷北方には国宝の三仏寺投入堂のある三徳(みとく)山がある。【豊島 吉則】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小鹿渓
おしかけい

鳥取県中部、東伯(とうはく)郡三朝(みささ)町にある峡谷。国の名勝に指定されている。神ノ倉(かんのくら)―中津ダム間約4キロメートルにわたり、硬質の輝緑(きりょく)岩や斑糲(はんれい)岩などの岩脈が河道を横切る部分に、水晶瀑(すいしょうばく)や雄淵(おんぶち)などの滝や深い淵がみられる。谷底は冷気塊が滞留するため、気温の逆転現象がみられ、400メートル以高のブナ帯の上が針葉樹林帯となっている。[岩永 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android