コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三徳 さんとく

5件 の用語解説(三徳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三徳
さんとく

仏教,インド哲学,儒教における3つの徳。 (1) 仏教用語では如来の徳を恩徳,断徳,智徳に,また修行の立場から諸仏の徳を因円徳,果円徳,恩円徳の3つに分ける。 (2) 『涅槃経』の説く大涅槃の不一不異の法身徳,般若徳,解脱徳のこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐とく【三徳】

人、または君主として守るべき三つの徳目。「中庸」で説かれた、など。
仏語。
仏果にそなわる三つの徳。衆生に恵みを与える恩徳、煩悩(ぼんのう)を断ち切る断徳、智慧をもって平等に見る智徳。
涅槃(ねはん)の三つの徳。真如としての法身智慧としての般若(はんにゃ)煩悩からの離脱としての解脱(げだつ)
《三つの用途があるところから》
㋐釣りの小道具の一。糸・重り・鉤素(はりす)を接続する小形の片天秤(かたてんびん)。ハゼ釣りに用いる。
㋑江戸時代に流行した紙入れの一種。鼻紙・書き付け・楊枝(ようじ)を分けて入れた。
江戸時代の燭台の一種。置いたり掛けたり、また提げたりできるようになっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

三徳

株式会社三徳が展開するスーパーマーケットチェーン。主な出店地域は東京都・千葉県。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

三徳

正式社名「株式会社三徳」。英文社名「SANTOKU CORPORATION」。非鉄金属工業。昭和24年(1949)「三徳工業株式会社」から分離独立し「三徳金属工業株式会社」設立。平成12年(2000)現在の社名に変更。本社は神戸市東灘区深江北町。産業資材メーカー。磁石の材料となるネオジムサマリウムなど希土類の高純度化合物・各種合金を製造。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんとく【三徳】

人として守るべき三つの徳目。「中庸」では智・仁・勇、「書経洪範」では正直・剛克・柔克、「荘子盗跖」では上徳・中徳・下徳とする。
〘仏〙
大涅槃だいねはんがそなえる三つの徳。法身・般若・解脱。
仏果にそなわる三つの徳。智徳・断徳・恩徳。
サーンキヤ学派で、すべてのものにそなわる性質を三つに分類したもの。薩埵さつた・剌闍らじや・答摩とうま
禅宗でいう食物の三徳。すなわち、あっさりとしている軽軟、清潔である浄潔、規則通りにできている如法作。これに甘・辛・鹹・苦・酸・淡の六味を加え、三徳六味という。
釣りの接続具の一。道糸・鉤素はりす・おもりを接続する。
一つで三種の用途をもつ便利な物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三徳の関連キーワード姉妹末遂ぐ八佾ひょっと残留孤児・婦人訴訟判決大相撲の番付岡山市議会の会派路線別の旅客数県内避難者震災避難者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三徳の関連情報