コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少林踏雲 しょうりん とううん

1件 の用語解説(少林踏雲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

少林踏雲 しょうりん-とううん

1849-1911 明治時代の僧。
嘉永(かえい)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。伊予(いよ)(愛媛県)の金剛山,美濃(みの)(岐阜県)の虎渓山,鎌倉の円覚寺でまなぶ。廃仏毀釈(きしゃく)で荒廃した高知県各地の寺の復興につとめ,明治25年吸江寺を再興した。明治44年9月死去。63歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。俗姓は姫野。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

少林踏雲の関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバルジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成花崗岩武江年表スロバキア文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone