(読み)けやけい

精選版 日本国語大辞典「尤」の解説

けや‐け・い【尤】

口〙 けやけ・し 〘形ク〙 (「けや」「けやか」と同根)
① 著しく普通とは異なっている。異様できわだっている。
※源氏(1001‐14頃)胡蝶「めざましかるべき際(きは)は、けやけうなども覚えけれ」
② 態度や様子が普通と変わって悪くはなはだしい。
(イ) 感情を害するさまである。態度がしゃくである。
※夜の寝覚(1045‐68頃)四「『さなめり』と心えて、后宮も、いといみじくけやけく、つらしと思し」
(ロ) 様子が醜悪である。気味が悪い。
浄瑠璃・多田院開帳(1695‐96頃)一「往還に立塞り殊にけやけき屍にて、尊き山を穢すことはなはだ尾籠の至り也」
③ ぬきんでてよい。高貴である。すばらしい。
書紀(720)応神四〇年正月(北野本)「長(ひととなれる)と少(いとけなき)と孰(いづれ)か尤(ケヤケキ)(〈別訓〉うつくしき)」
④ はっきりしている。きっぱりしている。
徒然草(1331頃)一四一「人の言ふほどの事、けやけく(いな)びがたくて」
けやけ‐さ
〘名〙

ゆう イウ【尤】

〘形動〙 最もすぐれているさま。
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「収穫穀菜は、みな其尤を抜きて、此場に送りて展覧に供す」 〔荘子‐徐無鬼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「尤」の解説

ゆう〔イウ〕【×尤】

[形動][文][ナリ](「ゆうなるもの」の形で)特に、すぐれているさま。「正宗まさむね刀剣なるものだ」

ゆう【尤】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ユウ(イウ)() [訓]もっとも
すぐれている。「尤物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android