コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尽く ズク

デジタル大辞泉の解説

ずく〔づく〕【尽く】

[接尾]
名詞に付いて、その物・事に任せる意、または、その物だけを頼りとして強引に事を運ぶ意を表す。「力尽く」「腕尽く」「かね尽く
名詞、動詞の連用形などに付いて、数人の者が、互いにその事をしたり、一緒にそういう事を行ったりする意、あるいは、ともにその事で結ばれる関係にある意を表す。「相談尽く
「いぢのわりい、友達―といふものはさうしたもんぢゃあねえ」〈滑・八笑人・初〉
形容詞・形容動詞の語幹や動詞の連用形などに付いて、もっぱらその状態で満ちているさま、それの最上の状態であることなどの意を表す。
「此の道の第一の面白―の芸態なり」〈花伝・二〉
[下接語]相対尽く意地尽く因縁尽く腕尽く面白(おもしろ)尽く金(かね)尽く勘定尽く義理尽く金銭尽く計算尽く権柄(けんぺい)尽く承知尽く相談尽く算盤(そろばん)尽く損得尽く談合尽く力尽く得心尽く納得尽く欲得尽く

つ・く【尽く】

[動カ上二]つきる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずく【尽く】

( 接尾 )
〔「尽くし」の略から〕
名詞に付く。
ただその手段だけで、それにものをいわせての意を表す。 「腕-」 「力-」
ただそれだけの目的での意を表す。 「欲得-でつきあう」
それをした上で、そうすることによって、の意を表す。 「納得-で決めたこと」 「相対あいたい-」 「相談-」 〔現代仮名遣いでは「うでづく」のように「づ」を用いて書くこともできる〕

つく【尽く】

( 動上二 )
つきる

づく【尽く】

( 接尾 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尽くの関連キーワードクラーク(William Smith Clark)父父たれば子も子たり烏兎匆匆・烏兔匆匆君君たり臣臣たり至れり尽くせり殿様ダイビング石川五右衛門悉く・尽くうわえなし結構尽くめどらを打つ手もすまに薪・焚き木義理尽くめ権柄尽く愛おしい全力投球三光作戦面白尽く儲け尽く

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尽くの関連情報