コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尽きる/竭きる ツキル

デジタル大辞泉の解説

つ・きる【尽きる/×竭きる】

[動カ上一][文]つ・く[カ上二]
次第に減って、とうとうなくなる。「万策―・きる」「気力が―・きた」
続いていたものが終わる。途絶える。「寿命が―・きる」「道が―・きる」「名残が―・きない」
(「…につきる」の形で)
㋐それで全てが言いつくされる。その極に達する。…にきわまる。「感服の一言に―・きる」「教師冥利に―・きる」
㋑最後までその状態のままである。…に終始する。「年寄りの話はぐちに―・きた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つきる【尽きる】

( 動上一 ) [文] カ上二 つ・く
次第に減っていって、全くなくなる。 「体力が-・きる」 「食糧が-・きる」
終わる。はてる。 「話は-・きない」 「道が-・きる」
(「…に尽きる」の形で)限度にまで達し、他には何も残らない。きわまる。 「幸運の一語に-・きる」 「楽しみはここに-・きる」 「今日の試楽は、青海波に事皆-・きぬ/源氏 紅葉賀」 〔「尽くす」に対する自動詞〕
[慣用] 愛想が- ・ 刀折れ矢- ・ 冥加に- ・ 冥利に-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尽きる/竭きるの関連キーワード地果て海尽きるまで刀折れ矢尽きる弓折れ矢尽きる冥加に余る貯え・蓄え思案に余る歯を没す尽きせぬ澌尽灰滅尽果てる皆になる弥生尽為ん方紅葉賀尽きす根腐る心尽く女冥利紙幅命数

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android