コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾大掉わず ビダイフルワズ

デジタル大辞泉の解説

尾大(びだい)掉(ふる)わず

《「春秋左伝」昭公一一年から》尾があまりに大きいと、自力で揺り動かしにくくなる意から、上位の者の力が弱く、下位の者の勢力が強すぎて制御しにくいたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びだいふるわず【尾大掉わず】

〔左氏伝 昭公十一年
尾が大きすぎて自由に動かせない意で、上位の者が弱く下位の者が強いと思うままに制御できないということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尾大掉わずの関連キーワード左氏伝尾大

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android