コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎文五郎 おさき ぶんごろう

1件 の用語解説(尾崎文五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎文五郎 おさき-ぶんごろう

1825-1898 明治時代の社会事業家。
文政8年10月25日生まれ。生家は伯耆(ほうき)宇野村(鳥取県羽合町)の豪農。地租改正による困窮農民の救済のため,明治10年共同倉庫をもうけて金融の道をひらく。さらに奨恵社と奨恵銀行を創立し,金融のほか救助米や薬の支給などの事業をすすめた。明治31年7月9日死去。74歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

尾崎文五郎の関連キーワード大野唯四郎奥野勘蔵金子貞子孝橋正一高島巌豊原又男長谷川良信牧野虎次水上善治横幕武良子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone