コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎文五郎 おさき ぶんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎文五郎 おさき-ぶんごろう

1825-1898 明治時代の社会事業家。
文政8年10月25日生まれ。生家伯耆(ほうき)宇野村(鳥取県羽合町)の豪農地租改正による困窮農民の救済のため,明治10年共同倉庫をもうけて金融の道をひらく。さらに奨恵社と奨恵銀行を創立し,金融のほか救助米や薬の支給などの事業をすすめた。明治31年7月9日死去。74歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾崎文五郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android