コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎行雄(1) おざき ゆきお

1件 の用語解説(尾崎行雄(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎行雄(1) おざき-ゆきお

1858-1954 明治-昭和時代の政治家。
安政5年11月20日生まれ。「新潟新聞」主筆などをへて,立憲改進党の結成に参加。明治23年の第1回総選挙以来衆議院議員に25回連続当選。大隈内閣の文相,法相および東京市長を歴任。政友会,憲政会などに属し,立憲政治の擁護につとめ「憲政の神様」といわれる。第二次大戦中も反軍国主義をつらぬいた。昭和29年10月6日死去。95歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。慶応義塾中退。号は咢堂(がくどう)。著作に「政戦三十年」など。
【格言など】議事堂名ばかりで実は表決堂である(「憲政の危機」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

尾崎行雄(1)の関連キーワード逢沢寛阿子島俊治市橋保治郎大石兵太郎小寺謙吉島田久吉野尻岩次郎宮沢胤勇最上政三吉村正

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone