コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎行雄(1) おざき ゆきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎行雄(1) おざき-ゆきお

1858-1954 明治-昭和時代の政治家。
安政5年11月20日生まれ。「新潟新聞」主筆などをへて,立憲改進党の結成に参加。明治23年の第1回総選挙以来衆議院議員に25回連続当選。大隈内閣の文相,法相および東京市長を歴任。政友会,憲政会などに属し,立憲政治の擁護につとめ「憲政の神様」といわれる。第二次大戦中も反軍国主義をつらぬいた。昭和29年10月6日死去。95歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。慶応義塾中退。号は咢堂(がくどう)。著作に「政戦三十年」など。
【格言など】議事堂は名ばかりで実は表決堂である(「憲政の危機」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾崎行雄(1)の関連キーワード立憲改進党

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android