コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎迷堂 おざき めいどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎迷堂 おざき-めいどう

1891-1970 大正-昭和時代の俳人。
明治24年8月19日生まれ。「国民新聞」の俳句欄でみとめられ,松根東洋城の「渋柿」に参加。大正2年天台宗の僧となり,鎌倉の杉本寺,大磯の慶覚院などの住職をつとめた。昭和45年3月13日死去。78歳。山口県出身。本名は光三郎。句集に「孤輪」など。
【格言など】うつし身をさらしさらすや蜆(しじみ)掻く(遺句)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾崎迷堂の関連キーワード松根東洋城

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android