コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉本寺 スギモトデラ

4件 の用語解説(杉本寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すぎもと‐でら【杉本寺】

神奈川県鎌倉市にある天台宗の寺。山号は大蔵山。開創は天平6年(734)、開山は行基で、円仁の中興と伝える。坂東三十三所の第1番札所。下馬観音。大蔵観音。杉本観音。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すぎもとでら【杉本寺】

神奈川県鎌倉市にある天台宗の寺院。山号は大蔵山。寺伝では行基の創建、円仁の中興という。鎌倉最古の寺。坂東三十三所の第一番札所。杉本観音。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉本寺
すぎもとでら

神奈川県鎌倉市二階堂杉本にある天台宗の寺。本尊は十一面観音菩薩(かんのんぼさつ)3体。大蔵山(だいぞうさん)杉本寺観音院と号し、大蔵(おおくら)観音、杉本観音ともいう。坂東三十三観音第1番札所。鎌倉最古の寺。734年(天平6)行基が創建し、慈覚大師円仁(えんにん)が中興したと伝える。1189年(文治5)火災にあい、別当浄台坊は火中に入り本尊を取り出したが、衣をわずかに焦がしただけで火傷もしなかったという。またこのとき、本尊がひとりで庭内の杉の本に避難したので、杉本というとも伝えられる。源頼朝(よりとも)・実朝(さねとも)が参詣(さんけい)し、たびたび厚い保護を加えている。1337年(延元2・建武4)に北畠顕家(きたばたけあきいえ)が鎌倉に討ち入り、当寺背後にあった杉本城を攻撃した際、斯波家長(しばいえなが)、相馬重胤(そうましげたね)らが堂内で自刃した。信心なく堂前を馬で通れば落馬するといわれ、下馬観音ともよばれた。十一面観音3体のうち、伝円仁・恵心(えしん)作の2体は国の重要文化財。毎年8月10日の四万(しまん)六千日参りは参詣者でにぎわう。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉本寺の関連情報