コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉本寺 スギモトデラ

4件 の用語解説(杉本寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すぎもと‐でら【杉本寺】

神奈川県鎌倉市にある天台宗の寺。山号は大蔵山。開創は天平6年(734)、開山は行基で、円仁の中興と伝える。坂東三十三所の第1番札所。下馬観音。大蔵観音。杉本観音。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

杉本寺

神奈川県鎌倉市にある寺院。734年創建。天台宗。本尊は十一面観音。杉本観音とも呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すぎもとでら【杉本寺】

神奈川県鎌倉市にある天台宗の寺院。山号は大蔵山。寺伝では行基の創建、円仁の中興という。鎌倉最古の寺。坂東三十三所の第一番札所。杉本観音。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉本寺
すぎもとでら

神奈川県鎌倉市二階堂杉本にある天台宗の寺。本尊は十一面観音菩薩(かんのんぼさつ)3体。大蔵山(だいぞうさん)杉本寺観音院と号し、大蔵(おおくら)観音、杉本観音ともいう。坂東三十三観音第1番札所。鎌倉最古の寺。734年(天平6)行基が創建し、慈覚大師円仁(えんにん)が中興したと伝える。1189年(文治5)火災にあい、別当浄台坊は火中に入り本尊を取り出したが、衣をわずかに焦がしただけで火傷もしなかったという。またこのとき、本尊がひとりで庭内の杉の本に避難したので、杉本というとも伝えられる。源頼朝(よりとも)・実朝(さねとも)が参詣(さんけい)し、たびたび厚い保護を加えている。1337年(延元2・建武4)に北畠顕家(きたばたけあきいえ)が鎌倉に討ち入り、当寺背後にあった杉本城を攻撃した際、斯波家長(しばいえなが)、相馬重胤(そうましげたね)らが堂内で自刃した。信心なく堂前を馬で通れば落馬するといわれ、下馬観音ともよばれた。十一面観音3体のうち、伝円仁・恵心(えしん)作の2体は国の重要文化財。毎年8月10日の四万(しまん)六千日参りは参詣者でにぎわう。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉本寺の関連キーワード常楽寺高徳院安国論寺光触寺本覚寺明月院光則寺神武寺宝戒寺密蔵院

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉本寺の関連情報