コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾能 きりのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾能
きりのう

能楽の用語。「切能」とも書く。能の番組編成上最後におかれる能。正式には五番立で演じられるところから五番目物ともいう。にぎやかで豪壮活発な太鼓入りの曲を本格とする。『車僧』『鞍馬天狗』などの天狗物,『土蜘蛛』『羅生門』などの鬼物,『海人』『当麻』などの早舞物などがある。厳密には文字どおりの終尾の曲であるが,翁つきのような特別の番組では,さらに祝言能を1曲つけ加える。五番目物の『猩々 (しょうじょう) 』『石橋 (しゃっきょう) 』や,脇能物半能 (後場のみ) で演じる。尾能が『船弁慶』や『紅葉狩』のように,祝言の内容のない曲の場合は,演能の最後に地謡による付祝言 (祝言小謡) をつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

尾能の関連キーワードイージス艦のBMD改修一向一揆史(年表)能郷の能・狂言本巣(市)能郷白山大森藤頼のとじま一向一揆長尾為景根尾谷戦闘機林泉寺本巣市殺生石謡曲能楽

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android