コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五番立 ごばんだて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五番立
ごばんだて

能の上演方式。江戸時代初期以降,神,男,女,狂,鬼 (脇能物,修羅物鬘〈かずら〉物雑物〈ぞうもの〉,尾能〈きりのう〉物) の順に5番のを演じ,間に狂言を演じるのを正式とした。最初に『』,最後に祝言能を添えて7番となる。今日では,能2ないし3番に狂言1番の演能が多く,狂言1番能1番という形も一般的になってきた。五番立の演能方式は,年1回能楽協会主催の「式能」という催しで行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の五番立の言及

【五番目物】より

…能の種別の名。五番立分類(江戸時代の1日の番組編成基準に基づく分類法)で第5番目に置かれる能。切能物(きりのうもの)とも言い,すべて太鼓が加わり,速いテンポで演じる。…

※「五番立」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五番立の関連キーワード切能・尾能人形浄瑠璃五番目物初番目物三番目物二番目物四番目物一番目物黒川能脇狂言序破急脇能物現在物切能鬘物謡曲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android