居流れる(読み)イナガレル

デジタル大辞泉の解説

い‐なが・れる〔ゐ‐〕【居流れる】

[動ラ下一][文]ゐなが・る[ラ下二]
多くの人が上席から順に並んで座る。列座する。居並ぶ。「役者一同、舞台に―・れての口上」
芝居の裏方が、場面を転換するまでの時間が短いため、幕が開いても舞台裏にそのまま待機する。
ひとかたまりとなって流れる。
「その沙(すなご)、或(ある)は風の随(まにま)に雪と零(ふ)り、或は―・れて蟻(あり)と散り」〈出雲国風土記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いながれる【居流れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 ゐなが・る
居並ぶ。 「千余名已に集会し両辺幾重にも-・れたり/浮城物語 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android