コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屍蝋 シロウ

デジタル大辞泉の解説

し‐ろう〔‐ラフ〕【××蝋】

蝋のように変化した死体。死体が長時間、水中または湿った地中にあったときなどに、体内の脂肪が脂肪酸となり、さらに状になって、死体を原形に保つ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屍蝋
しろう

水分が豊富で空気の流通が遮断されているような環境下(水中、湿潤な土中)に放置された死体にみられる灰白色ないし淡黄褐色の半固形化した蝋(ワックス)様物で、特有なカビ臭さを有する。主として体脂肪の特殊な死後分解・変性によるもので、脂肪酸、同塩類などから構成される。屍蝋形成(屍蝋化)は長期にわたって徐々に進行するため、屍蝋の硬度、感触も、せっけん様、粘土様、チーズ様、石膏(せっこう)様(乾燥したもの)とさまざまで、その化学的組成も各事例によって異なる。しかし、屍蝋自体は安定で変化、分解しにくい。屍蝋化死体は、皮下組織、筋肉などが屍蝋に変化、置換されて、死体の外形が保持されるため、永久死体ともいわれる。成人死体の全身完全屍蝋化には、普通、3年以上はかかるとされる。[小谷淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

屍蝋の関連キーワード死体現象ミイラ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android