山に登りて告げよ(読み)ヤマニノボリテツゲヨ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山に登りて告げよ
やまにのぼりてつげよ
Go Tell It on the Mountain

ジェームズ・ボールドウィンの小説。1953年刊。1935年早春、14歳の黒人少年ジョンが神への回心を経験した1日の事件を枠組みにし、その義父、伯母、母親の過去における堕落と贖罪(しょくざい)の物語をフラッシュ・バック手法で描く。現実の背景となるのはハーレムの黒人教会だけだが、各人の過去が随所に投入されているため、時間はときに南北戦争当時までさかのぼり、舞台も南部から北部へと拡大される。見方によっては、黒人一家の壮大な年代記ともいえる構成をとる。作者は過去の黒人の生活のなかに、アメリカ黒人全体の「私生児」としての呪(のろ)われた宿命をみている。アメリカ黒人の主体の形成に触れる物語であり、「抗議小説」の傾向を脱した指標的作品。[関口 功]
『斎藤数衛訳『山に登りて告げよ』(『黒人文学全集3』所収・1968・早川書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android