コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山ノ上碑 やまノうえのひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山ノ上碑
やまノうえのひ

群馬県高崎市山名町にある碑。上野三碑の一つ。一名,山名村碑。高さ約 1.12m,幅約 0.47mの自然石の一面に,4行 53字が刻されている。その大意は,僧長利が母の黒売刀自のために建てたというもので,辛巳歳の紀年銘がある。この辛巳は天武 10 (681) 年にあてられており,そばにある円墳の墓標的意味をもつものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまのうえひ【山ノ上碑】

上野(こうずけ)三碑の一つ。〈辛己(巳)歳〉(681∥天武10)の干支をもつ日本でも屈指の古碑。高崎市山名町山神谷の丘陵上に切石組みの横穴式石室をもつ円墳〈山ノ上古墳〉の西傍に立つ。高さ1.1m,幅0.5mの輝石安山岩自然石で,平坦な面に4行53字を楷書体で記すが,これには隷書的特徴も認められる。〈佐野三家〉を管掌した健守命の孫である黒売刀自と,新川臣の子孫である大児臣との間にできた〈長利僧〉が,その母のために記したもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山ノ上碑
やまのうえのひ

群馬県高崎市山名(やまな)町字山神谷(さんじんだに)に所在し、多古(たご)碑、金井沢(かないさわ)碑とともに上野(こうずけ)三碑とよばれる。碑は、山ノ上古墳の西方数メートルに存在し、あわせて特別史跡に指定。高さ約1.1メートル、幅約0.5メートルを測る輝石安山岩には、辛巳(かのとみ)の年(推定681)に放光寺の長利という僧が、母の黒売刀自(くろめとじ)のために系図を記した四行53文字の銘文が彫られている。銘文の内容から、黒売刀自を被葬者とする山ノ上古墳の墓碑と推測され、古墳の造営年代が確定できる資料として著名。[後藤喜八郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山ノ上碑の関連キーワード那須国造碑(なすのくにのみやつこのひ)群馬県高崎市山名町高崎(市)金井沢碑多胡碑

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android