山上武雄(読み)やまがみ たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山上武雄 やまがみ-たけお

1881-1943 大正-昭和時代前期の農民運動家。
明治14年8月12日生まれ。大正11年日本農民組合(日農)創立にくわわり,小作料永久3割減要求運動を指導。全国農民組合統制委員長などをつとめ,労働農民党,社会大衆党で活躍した。昭和12年人民戦線事件で入獄。昭和18年4月16日死去。63歳。岡山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山上武雄の言及

【日農】より

…大正期以後,3次にわたって日本農民組合と称する全国的農民組織が結成され,いずれも日農と略称する。(1)日本最初の全国的農民組合組織 1922年4月9日,賀川豊彦,杉山元治郎,山上武雄,古瀬伝蔵らを指導者として神戸で創立。杉山を組合長とし,機関紙《土地と自由》を発刊した。…

※「山上武雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android