山下宇源太(2代)(読み)やました うげんた

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「山下宇源太(2代)」の解説

山下宇源太(2代) やました-うげんた

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者
初代山下金作の門弟享保(きょうほう)8年(1723)若衆方で初舞台をふみ,江戸中村座をへて大坂にもどる。元文2年から宝暦10年ごろまで京都,大坂を中心に若女方で評判をとり,濡事(ぬれごと)を得意とした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android