山下菊二(読み)やましたきくじ

百科事典マイペディアの解説

山下菊二【やましたきくじ】

画家。徳島県生れ。高松工芸学校卒。1938年上京。福沢一郎の洋画研究所に学ぶ。1940年美術文化協会入選。1962年初個展。1974年从(ひとひと)会結成,1985年退会。戦争,差別,天皇制といったテーマをシュルレアリスム的手法で描いた。代表作《あけぼの村物語》(1953年)。1996年神奈川県立近代美術館で回顧展。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下菊二 やました-きくじ

1919-1986 昭和時代の洋画家。
大正8年10月8日生まれ。昭和13年より福沢一郎絵画研究所にまなぶ。21年日本美術会,翌年前衛美術会の結成に参加。49年从(ひとひと)会を創立。戦争告発の作品や土俗的イメージによる風刺的な作品を発表した。昭和61年11月23日死去。67歳。徳島県出身。高松工芸卒。作品に「あけぼの村物語」「地下壕」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山下菊二の関連情報