コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福沢一郎 ふくざわいちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福沢一郎
ふくざわいちろう

[生]1898.1.18. 群馬,富岡
[没]1992.10.16. 東京
洋画家。 1918年に東京大学文学部に入学したが,彫刻に興味をいだき退学,朝倉文夫の弟子となった。 23年『酔漢』で帝展初入選。 24年フランスに渡りヨーロッパ各地の古典絵画を見て回るうちに絵画への転向を決意した。初めはルーベンスなどにひかれたが,シュルレアリスム運動に触れて,シャガール,キリコ,エルンストらに傾倒していった。在仏のまま,29年二科展,30年「1930年協会」展,31年独立美術協会展に出品を続けた。 31年帰国とともにシュルレアリスム運動のリーダー的存在となり,39年美術文化協会を結成。 41年コミュニストの嫌疑をかけられて滝口修造とともに8ヵ月間拘禁された。第2次世界大戦後の 46年日本美術会結成を呼びかけ,47年日本アバンギャルド美術家クラブを結成した。 51年サンパウロ・ビエンナーレに出品。 52~54年ヨーロッパと中南米を遊歴,壁画やステンドグラスへの関心を深めた。 57年『埋葬』で日本国際美術展最優秀賞,62年『黒人霊歌』『黒人聖歌』で国立近代美術館賞を受賞。 58年ベネチア・ビエンナーレに出品。歴史や神話などの根底にある人間のたくましさや愚かさをドラマティックに表現する作風を確立した。芸術院会員に選ばれることはなかったが,78年文化功労者,91年文化勲章を受章した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくざわ‐いちろう〔フクざはイチラウ〕【福沢一郎】

[1898~1992]洋画家。群馬の生まれ。多摩美大・女子美大教授。フランスに留学し、シュールレアリスムを日本に紹介。独立美術協会の創立に参加、のち美術文化協会を結成。代表作に「よき料理人」「黒人霊歌」など。昭和53年(1978)文化功労者。平成3年(1991)文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

福沢一郎【ふくざわいちろう】

洋画家。群馬県生れ。1921年東大文学部を中退し,1924年―1931年フランスに留学。帰国後独立美術協会第1回展に滞欧作を発表し,日本にシュルレアリスム絵画を移入。
→関連項目群馬県立近代美術館山下菊二

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福沢一郎 ふくざわ-いちろう

1898-1992 大正-昭和時代の洋画家。
明治31年1月18日生まれ。朝倉文夫に彫刻をまなぶ。フランスに留学,絵画に転じる。帰国後シュールレアリスムを日本に紹介,昭和14年美術文化協会を結成して前衛美術運動の推進役となった。多摩美大,女子美大教授。平成3年文化勲章。平成4年10月16日死去。94歳。群馬県出身。東京帝大中退。作品に「よき料理人」「黒人霊歌」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふくざわいちろう【福沢一郎】

1898‐1992(明治31‐平成4)
洋画家。群馬県富岡町に生まれる。東京帝国大学文学部を中退,彫刻家を志して1924年渡仏,おりからまき起こったシュルレアリスムの芸術運動に触れて絵画に転向,とくにキリコ,エルンストに深い影響を受けた。31年帰国してシュルレアリスムを日本に移植し,独立美術協会会員に挙げられ,39年美術文化協会を結成して新しい前衛運動を推し進め,社会を風刺した作品を多く発表した。戦後は中南米を旅行し,黒人やメキシコ人をモティーフヒューマニズムに溢れ,活力にみちた大作を描きつづけ,57年芸術選奨文部大臣賞,翌年毎日美術賞を受賞。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくざわいちろう【福沢一郎】

1898~1992) 洋画家。群馬県生まれ。渡仏し、シュールレアリスムの影響下に制作。独立美術協会の創立に参加。スケールの大きな作品で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福沢一郎
ふくざわいちろう
(1898―1992)

洋画家。群馬県富岡生まれ。東京帝国大学文学部に在学中、彫刻を習う。1924年(大正13)フランスに留学、絵画に転じてデ・キリコ、エルンストの影響を受けて、二科展、一九三〇年協会展に『嘘(うそ)発見器』ほかのシュルレアリスムの作品を出品。さらに独立美術協会の創立会員となり、31年(昭和6)の第1回展に『よき料理人』など37点を送って同年帰国する。39年美術文化協会を結成し、シュルレアリスム系前衛美術を推進する。第二次世界大戦後は欧米やラテンアメリカをたびたび巡遊。57年(昭和32)の日本国際美術展で『埋葬』が最優秀賞、62年の日本国際美術展で『霊歌』が国立近代美術館賞を受けた。壁画やステンドグラスの制作も多い。91年文化勲章受章。[小倉忠夫]
『『福沢一郎画集 蟹のよこばい』(1969・求龍堂) ▽『福沢一郎作品集1・2』(1987・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

福沢一郎の関連キーワード富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館群馬県北群馬郡榛東村山子田群馬県富岡市黒川山梨県立美術館糸園 和三郎高崎市美術館小牧源太郎斎藤 義重千円札裁判斎藤 長三福沢 一郎藤沢 典明阿部 展也昭和時代麻生三郎福沢

福沢一郎の関連情報