山中 古洞(読み)ヤマナカ コドウ

20世紀日本人名事典 「山中 古洞」の解説

山中 古洞
ヤマナカ コドウ

明治〜昭和期の挿絵画家



生年
明治2年7月10日(1869年)

没年
(没年不詳)

出生地
東京・麴町

本名
山中 升

旧姓(旧名)
佐藤

別名
別号=日本画軒

経歴
月岡芳年、熊谷直彦らに画を学び、住吉派を研究して人物画を得意とした。明治28年内国勧業博で「清正進軍の図」が褒状を受賞。読売新聞、中外商業新報、「新声」「文芸倶楽部」などに挿絵口絵などを描き、「辰重」の落款で女優の版画を制作。また書画研究会を行い、30年これを紫江会と改称。34年鏑木清方らと烏合(うごう)会を結成、浮世絵の伝統を継ぐ人物画の研究を進めた。40年文展開設に際して国画玉成会結成に参加、評議員となった。代表作に「遠征を想ふ」「日本橋」「灯籠大臣」など。著書に江戸から明治末の挿絵の変遷をまとめた「挿絵節用」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android