コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中天水 やまなか てんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中天水 やまなか-てんすい

1758-1790 江戸時代中期の儒者。
宝暦8年生まれ。江戸の山本北山に入門し,古文辞(こぶんじ)学派の修辞を批判した。日本橋に私塾青霞亭をひらき,中井董堂(とうどう)らにおしえた。寛政2年9月6日死去。33歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。名は久宣,恕之。字(あざな)は宣卿。通称は猶平。別号に鈴山。著作に「周易考証」「性名論」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山中天水の関連キーワード小笠原冠山小川泰山松浦篤所

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android