山丹交易(読み)さんたんこうえき

百科事典マイペディアの解説

山丹交易【さんたんこうえき】

江戸時代,山丹人(沿海州の民族)とアイヌとの樺太(サハリン)での交易。山旦・山靼とも書く。広義には中国朝が黒竜江下流域に設けた役所での朝貢貿易をも含む。山丹人は中国製の古衣や織物,玉などを持って樺太に来,アイヌが猟で得た毛皮,和人(シャモ)との交易で得た鉄製品,米,酒などと交換した。日本では玉や織物が珍重され,松前(まつまえ)藩はアイヌの人々から山丹交易品を独占的に入手し利益をあげたが,アイヌの人々は多大の負債を抱え,山丹に連行されるものも多かった。19世紀初頭に幕府が介入し,交易を幕府直轄下に置いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android