コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山丹交易 さんたんこうえき

百科事典マイペディアの解説

山丹交易【さんたんこうえき】

江戸時代,山丹人(沿海州の民族)とアイヌとの樺太サハリン)での交易。山旦・山靼とも書く。広義には中国朝が黒竜江下流域に設けた役所での朝貢貿易をも含む。山丹人は中国製の古衣や織物,玉などを持って樺太に来,アイヌが猟で得た毛皮,和人シャモ)との交易で得た鉄製品,米,酒などと交換した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

山丹交易の関連キーワードシャモ(和人)江戸時代松前藩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android