コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山井昇清 やまい しょうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山井昇清 やまい-しょうせい

1326-1364 南北朝時代の社僧。
嘉暦(かりゃく)元年生まれ。山井尚清(しょうせい)の孫。京都石清水(いわしみず)八幡宮寺権(ごんの)別当。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利尊氏のために祈祷(きとう)する。貞治(じょうじ)元=正平(しょうへい)17年別当となるが,狂乱したため幽閉された。貞治3=正平19年6月12日死去。39歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山井昇清の関連キーワード南北朝時代社僧嘉暦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android