コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山井清渓 やまのい せいけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山井清渓 やまのい-せいけい

1846-1907 幕末-明治時代の漢学者。
弘化(こうか)3年2月25日生まれ。山城(京都府)淀(よど)藩士内田成允の子。山井道子の夫。山井璞輔(はくすけ)にまなび,養子となる。安井息軒(そっけん)らに入門し,伊予(いよ)(愛媛県)西条藩の藩校択善堂の学頭をつとめる。廃藩置県後,東京の養正塾などでおしえ,明治29年一高教授。明治40年5月28日死去。62歳。名は重章。通称は善輔,幹六(かんろく)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山井清渓の関連キーワード山井幹六明治時代漢学者弘化

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android