コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山井清渓 やまのい せいけい

1件 の用語解説(山井清渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山井清渓 やまのい-せいけい

1846-1907 幕末-明治時代の漢学者。
弘化(こうか)3年2月25日生まれ。山城(京都府)淀(よど)藩士内田成允の子。山井道子の夫。山井璞輔(はくすけ)にまなび,養子となる。安井息軒(そっけん)らに入門し,伊予(いよ)(愛媛県)西条藩の藩校択善堂の学頭をつとめる。廃藩置県後,東京の養正塾などでおしえ,明治29年一高教授。明治40年5月28日死去。62歳。名は重章。通称は善輔,幹六(かんろく)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山井清渓の関連キーワード新聞小説ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇複成片麻岩内褶曲新派劇森田勘弥モッセ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone