コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西条藩 さいじょうはん

2件 の用語解説(西条藩の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

さいじょうはん【西条藩】

江戸時代伊予(いよ)国新居(にい)郡西条(現、愛媛県西条市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち親藩(しんぱん)。藩校は択善堂。1636年(寛永13)、一柳直盛(ひとつやなぎなおもり)が6万8000石で伊勢(いせ)国神戸から伊予国に封じられたが、赴任の途上で病死。そのため長男の直重(なおしげ)が遺領のうち3万石を継承して立藩、陣屋を設けた。しかし、一柳氏は参勤交代の遅参などで65年(寛文(かんぶん)5)に改易(かいえき)され天領となった。その後、70年に松平頼純(よりずみ)(徳川頼宣(とくがわよりのぶ)の次男)が3万石で入封(にゅうほう)し、これを機に西条藩は親藩紀伊藩(和歌山藩)の支藩となった。松平氏は塩田開発や新田開発によって財政の安定をはかり、明治維新まで10代を数えた。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に加わり参戦した。1871年(明治4)の廃藩置県で西条県となり、その後、松山県、石鉄(いしづち)県を経て、73年愛媛県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西条藩
さいじょうはん

伊予国東部、新居(にい)郡西条(愛媛県西条市)周辺を領有した小藩。陣屋持。1636年(寛永13)一柳直盛(ひとつやなぎなおもり)(外様(とざま))が西条6万8000余石に封ぜられたが、赴任の途中大坂で病死したため、長子直重が遺領のうち宇摩(うま)、新居、周布(しゅふ)郡内で3万石に封ぜられ、西条に政庁および武家・町人屋敷を建設した。その子直興のときに、大保木(おおふぎ)農民騒動が起こり、加えて禁裏造営の不参加、参勤交代の遅参なども重なって1665年(寛文5)に改易され、一時幕領となる。70年紀伊徳川頼宣(よりのぶ)の次男松平頼純が藩主となり、新居郡51村、宇摩郡15村、周布郡3村で3万石。親藩、定府。のち入浜(いりはま)法による塩田の造成に成功し、多喜浜塩田に発展した。1753年(宝暦3)検見取(けみどり)を断行したため、西条三万石農民騒動が起こった。その後竹内立左衛門(りゅうざえもん)によって干潟を利用して広大な禎瑞(ていずい)新田が開かれた。1805年(文化2)藩校択善堂を創設。教授日野和煦(にこてる)は藩命によって郷土地誌『西条誌』20巻を編集した。廃藩置県(1871)により西条県となり、松山県、石鐵(せきてつ)県を経て73年愛媛県に統合された。[景浦 勉]
『久門範政編『西条市誌』(1966・西条市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西条藩の関連キーワード伊予絣新居浜市伊予札伊予砥伊予節新居浜伊予染伊予柾紙伊予蝋新居与一助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西条藩の関連情報