コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山井璞輔 やまのい はくすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山井璞輔 やまのい-はくすけ

1822-1862 江戸時代後期の儒者。
文政5年7月生まれ。松崎慊堂(こうどう)に朱子学をまなび,足利学校(栃木県)で古典籍を比較考証する。慊堂の推薦で,ながく断絶していた山井崑崙(こんろん)の家名を再興。伊予(いよ)(愛媛県)西条藩の藩校択善堂の教授となった。文久2年3月10日死去。41歳。本姓は渡辺。名は璞。号は介堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山井璞輔の関連キーワード山井幹六山井清渓儒者

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android