山代真作(読み)やましろの まつくり

朝日日本歴史人物事典の解説

山代真作

没年:神亀5.11.25(728.12.30)
生年:生年不詳
奈良時代の官人。河内国石川郡山代郷(大阪府河南町山城付近)の人。文武,元明,元正,聖武4代の天皇に仕え,従六位上。死後,すでに死別の妻蚊屋秋庭と合葬された。『正倉院文書』の戸籍調査に関する書類にその名があり,1952年五条市東阿太町からその金銅板墓誌が発見されたことで知られる。墓誌に記されている名は「山代忌寸真作」。<参考文献>岸俊男『日本古代籍帳の研究』

(増渕徹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android