山口剛斎(読み)やまぐち ごうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口剛斎 やまぐち-ごうさい

1734-1801 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)19年生まれ。飯岡義斎にまなび,郷里の大坂に私塾をひらく。天明5年石見(いわみ)(島根県)津和野藩にまねかれ,藩校養老館の創立にかかわり教授となる。闇斎学を信奉し,教育の基礎とした。享和元年6月11日死去。68歳。名は景徳。字(あざな)は正懋,剛翁。通称は剛三郎。著作に「周易鼓缶」「兵録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android