飯岡義斎(読み)いいおか ぎさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯岡義斎 いいおか-ぎさい

1717-1789 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)2年生まれ。頼(らい)山陽の祖父。大坂で代々医を業とする篠田家にそだち,儒者鈴木貞斎にまなび,先祖の姓飯岡を称する。ついで石門心学をおさめたが,朱子学に転じた。門弟山口剛斎。長女静が頼春水に,次女直が尾藤二洲(びとう-じしゅう)にとついだ。寛政元年11月8日死去。73歳。名は孝欽。字(あざな)は徳安。別号に澹寧(たんねい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android