コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯岡義斎 いいおか ぎさい

1件 の用語解説(飯岡義斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯岡義斎 いいおか-ぎさい

1717-1789 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)2年生まれ。頼(らい)山陽の祖父。大坂で代々医を業とする篠田家にそだち,儒者の鈴木貞斎にまなび,先祖の姓飯岡を称する。ついで石門心学をおさめたが,朱子学に転じた。門弟に山口剛斎。長女静が頼春水に,次女直が尾藤二洲(びとう-じしゅう)にとついだ。寛政元年11月8日死去。73歳。名は孝欽。字(あざな)は徳安。別号に澹寧(たんねい)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯岡義斎の関連キーワード曲芸備後国開明門院会津藩河東節弁道・弁名密貿易フランス文学史北風六右衛門鳥文斎栄之

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone