コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口正弘 やまぐち まさひろ

3件 の用語解説(山口正弘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口正弘 やまぐち-まさひろ

1545-1600 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)14年生まれ。豊臣秀吉につかえ,賤ケ岳(しずがたけ)の戦いに出陣。小早川秀秋の補佐役をへてふたたび秀吉につかえ,加賀大聖寺(だいしょうじ)6万石城主。関ケ原の戦いでは西軍に属し,籠城のすえ慶長5年8月4日戦死。56歳。前名は宗永,宗長。通称は甚兵衛,玄蕃頭(げんばのかみ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山口正弘

没年:慶長5.8.4(1600.9.11)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。尾張国鳴海の山口甚介光広の子。通称左馬助,従五位下・玄蕃頭に叙任された。名ははじめ宗永,宗長。豊臣秀吉に仕え,天正11(1583)年の賤ケ岳の戦で戦功をあげ,同17年ごろには丹波の山奉行を務めている。秀吉の命によって小早川秀秋の補佐役となり,慶長の役では朝鮮に渡海。そののち秀秋と不和になり,秀吉に仕え,加賀大聖寺城主として6万石を与えられた。関ケ原の戦では西軍に属し,大聖寺城に籠って東軍前田利長の軍勢と戦い,落城のとき自刃して果てた。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐちまさひろ【山口正弘】

?‐1600(慶長5)
安土桃山時代の武将。初め宗永,宗長とも名のった。甚兵衛,玄蕃頭を称する。豊臣秀吉に仕え,1583年(天正11)賤ヶ岳の戦に従軍。のち秀吉の養子秀秋(のちの小早川秀秋)の補佐となったが秀秋に嫌われたという。慶長の役では秀秋に従って朝鮮へ渡海。帰国後再び秀吉に仕え,加賀大聖寺城6万石を領した。関ヶ原の戦では西軍に属し,籠城して前田利長軍と戦ったが落城し自殺した。〈玄蕃縄〉の名を残しているように検地に能力を発揮した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

山口正弘の関連キーワードルートウィヒ佐渡国後藤宗印北条氏規北条氏規北条氏規姫路城0 SIMル・ナン[兄弟]石田正澄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone