コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賤ヶ岳 しずがたけ

5件 の用語解説(賤ヶ岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賤ヶ岳
しずがたけ

滋賀県北部,琵琶湖北岸の長浜市にある山。標高 422m。柴田勝家羽柴秀吉豊臣秀吉)が戦った七本槍の古戦場として有名(→賤ヶ岳の戦い)。合戦の旧跡も多い。頂上からの眺望は賤ヶ岳の大観として琵琶湖八景の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

賤ヶ岳【しずがたけ】

滋賀県琵琶湖北岸,伊香郡木之本町と余呉町の境(いずれも合併し,現在は長浜市)にある山。標高421m。北側に余呉湖を見おろす景勝地で,琵琶湖国定公園に属し,頂上には賤ヶ岳の戦の戦跡碑がある。
→関連項目木之本[町]余呉[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しずがたけ【賤ヶ岳】

〈しずがだけ〉ともいう。滋賀県北部,伊香郡木之本町にある山。標高422m。北は余呉(よご)湖,南は琵琶湖の塩津湾に臨み,山頂からの眺望がすばらしく,〈新雪賤ヶ岳の大観〉として琵琶湖八景の一つに数えられ,琵琶湖国定公園に含まれる。1583年(天正11)羽柴秀吉が柴田勝家の軍勢を破った賤ヶ岳の戦の古戦場で,山頂の戦跡碑(1878建立)が賤ヶ岳七本槍の武勇を伝えている。塩津湾に面する山梨子(やまなし)は賤ヶ岳の戦の落人集落といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賤ヶ岳
しずがたけ

滋賀県北部、長浜(ながはま)市にある山。標高422メートル。北に余呉(よご)湖、南に琵琶(びわ)湖を臨み、北国街道、塩津街道を抑える戦略上の要地であった。1583年(天正11)羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉と柴田(しばた)勝家との合戦の場として知られる。琵琶湖八景「新雪、賤ヶ岳の大観」の地で展望に優れ、東麓(とうろく)の木之本町大音(きのもとちょうおおと)から登山リフトがある。なお、賤ヶ岳一帯の山地は長く交通上の障害となっていたが、1927年(昭和2)賤ヶ岳トンネルが完成し東西が結ばれ、現在国道8号が通じている。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賤ヶ岳の関連情報