コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口鋭之助 やまぐち えいのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口鋭之助 やまぐち-えいのすけ

1862-1945 明治-昭和時代前期の物理学者。
文久2年2月9日生まれ。山口宗義,半六の弟。第一高等中学教諭をへて,明治30年京都帝大教授となる。のち学習院院長,宮内省図書頭,宮中顧問官などを歴任。帝室図書の近代的分類や,陵墓の管理につくす。昭和20年3月4日死去。84歳。出雲(いずも)(島根県)出身。東京大学卒。著作に「普通教育物理学」「山陵の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山口鋭之助の言及

【角帽】より

…大学生のかぶる帽子。1886年,東京大学が帝国大学と改称し,学生の制服を定めたとき,以前に和田義睦,山口鋭之助の2学生が提案して許可され有志がかぶっていた帽子を,制帽として採用した。頂上が四角であるところからこの名がつけられ,明治時代には角帽は帝国大学生の異名であった。…

※「山口鋭之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山口鋭之助の関連キーワード角帽