コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口雪渓 やまぐち せっけい

美術人名辞典の解説

山口雪渓

江戸前期の画家。京都生。名は宗雪、字は白隠別号に梅菴。初め狩野の画法を学び、のち雪舟、牧溪を慕い自ら雪溪と号する。享保17年(1732)歿、88才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口雪渓 やまぐち-せっけい

1644-1732 江戸時代前期-中期の画家。
正保(しょうほ)元年生まれ。狩野(かのう)永納にまなんだとする説もあるが,室町時代水墨画に傾倒。雪舟等楊と牧谿(もっけい)の画風をしたい,雪渓と号した。享保(きょうほう)17年9月4日死去。89歳。京都出身。名は宗雪。別号に梅庵,白隠。作品に「桜楓図屏風(びょうぶ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山口雪渓

没年:享保17.9.4(1732.10.22)
生年:慶安1(1648)
江戸前期の画家。京都の人。名は宗雪。雪舟と牧谿の画風を慕い,雪渓と号す。他号に梅菴,白隠。長谷川左近狩野永納に師事したとの説もある。醍醐寺「桜楓図屏風」や清水寺「涅槃図」などが有名。

(川本桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

山口雪渓の関連キーワード望月玉蟾正保

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android