コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名氏清の妻 やまな・うじきよのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

山名氏清の妻

没年:明徳3/元中9(1392)
生年:生年不詳
南北朝時代の武家の女性。明徳2/元中8(1391)年に夫氏清が足利義満への謀反に失敗して戦死すると,息子2人は逃亡。その不孝を憤り自殺を図る。2度は押しとどめられたものの,その間も面会を求める2子を拒否し続け,ついに自殺を遂げたと『明徳記』は伝える。

(真下道子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山名氏清の妻の関連キーワード没年

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android