コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明徳記 めいとくき

6件 の用語解説(明徳記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明徳記
めいとくき

南北朝時代末の軍記物語。作者,成立年未詳。3巻。明徳の乱 (1391) の直後に足利義満の近侍の一人によって書かれたものとみられる。元中8=明徳2 (91) 年に山名氏清,満幸らが反逆を企てたとき,義満がこれを滅ぼした顛末を記したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めいとくき【明徳記】

室町前期の軍記物語。3巻。作者未詳。明徳の乱のいきさつを記したもの。乱の後ほどなく成立したといわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

明徳記【めいとくき】

明徳の乱のてんまつを記した書。3巻。作者,成立年代ともに不詳。《承久記》《応仁記》と合わせて三代記といわれる。《太平記》の流れをくむ軍記で,語り物として流布。
→関連項目今富荘軍記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

めいとくき【明徳記】

明徳の乱(1391)の顚末を記した軍記。3巻。乱後まもなく成立した初稿本と,1396年(応永3)に加筆訂正された再稿本とがあり,初稿本系統が流布本となった。作者は足利義満近侍の者か。この書は《太平記》の持つ両義性(記録的・語り物的性格)を継承し,以後の室町軍記の単一的(実録的)な展開への転回点に位置づけられる。《群書類従》,岩波文庫所収。【加地 宏江】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めいとくき【明徳記】

軍記物語。三巻。「明徳の乱」の顚末を描いたもの。乱の直後、足利義満の側近によって成ったものか。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明徳記
めいとくき

明徳の乱(1391)を題材にした室町期の軍記作品。通常3巻。乱後、1年たらずで成立したか。『看聞御記(かんもんぎょき)』応永(おうえい)23年(1416)7月3日条に、物語僧の語物(かたりもの)として享受されていた実態を記す。山名一族の挙兵から没落に至る経緯を描き、世情の鎮静化を祝って結ぶ。反乱を批判し、将軍足利義満(あしかがよしみつ)の存在を絶対視しているところから、作者は将軍側近かともされ、また、山名氏没落の哀話に時宗僧とのかかわりを想定する説もある。『太平記』に次いで登場し、合戦記録化していく後期軍記の分岐点にたつ佳作である。『群書類従』合戦部所収。[日下 力]
『冨倉徳次郎校訂『明徳記』(岩波文庫) ▽『平治物語・明徳記』(『陽明叢書 国書篇』1977・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明徳記の関連キーワード朝倉始末記従軍記章承久記土岐氏の乱明徳の乱顛末・顚末赤松義祐(1)土御門有世家喜九郎足利治乱記

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone