コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明徳記 めいとくき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明徳記
めいとくき

南北朝時代末の軍記物語。作者,成立年未詳。3巻。明徳の乱 (1391) の直後に足利義満近侍の一人によって書かれたものとみられる。元中8=明徳2 (91) 年に山名氏清,満幸らが反逆を企てたとき,義満がこれを滅ぼした顛末を記したもの。物語僧によって語られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めいとくき【明徳記】

室町前期の軍記物語。3巻。作者未詳。明徳ののいきさつを記したもの。乱の後ほどなく成立したといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

明徳記【めいとくき】

明徳の乱のてんまつを記した書。3巻。作者,成立年代ともに不詳。《承久記》《応仁記》と合わせて三代記といわれる。《太平記》の流れをくむ軍記で,語り物として流布。
→関連項目今富荘軍記

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいとくき【明徳記】

明徳の乱(1391)の顚末を記した軍記。3巻。乱後まもなく成立した初稿本と,1396年(応永3)に加筆訂正された再稿本とがあり,初稿本系統が流布本となった。作者は足利義満近侍の者か。この書は《太平記》の持つ両義性(記録的・語り物的性格)を継承し,以後の室町軍記の単一的(実録的)な展開への転回点に位置づけられる。《群書類従》,岩波文庫所収。【加地 宏江】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいとくき【明徳記】

軍記物語。三巻。「明徳の乱」の顚末を描いたもの。乱の直後、足利義満の側近によって成ったものか。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明徳記
めいとくき

明徳の乱(1391)を題材にした室町期の軍記作品。通常3巻。乱後、1年たらずで成立したか。『看聞御記(かんもんぎょき)』応永(おうえい)23年(1416)7月3日条に、物語僧の語物(かたりもの)として享受されていた実態を記す。山名一族の挙兵から没落に至る経緯を描き、世情の鎮静化を祝って結ぶ。反乱を批判し、将軍足利義満(あしかがよしみつ)の存在を絶対視しているところから、作者は将軍側近かともされ、また、山名氏没落の哀話に時宗僧とのかかわりを想定する説もある。『太平記』に次いで登場し、合戦記録化していく後期軍記の分岐点にたつ佳作である。『群書類従』合戦部所収。[日下 力]
『冨倉徳次郎校訂『明徳記』(岩波文庫) ▽『平治物語・明徳記』(『陽明叢書 国書篇』1977・思文閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

明徳記の関連キーワード山名氏清の妻土岐氏の乱山名義幸家喜九郎山名満幸側近山名馬鎧腹当

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android