コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山家頼道 やんべ よりみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山家頼道 やんべ-よりみち

1832-1896 明治時代の公共事業家。
天保(てんぽう)3年生まれ。もと陸奥(むつ)仙台藩士。廃藩後,屋敷地を区割りして貸家をたて,商人に賃貸しする。山家横町とよばれ,仙台市の繁華街一番丁のもととなった。また公園の建設につくした。明治29年11月5日死去。65歳。通称は豊三郎。号は清奇。

山家頼道 やまべ-よりみち

やんべ-よりみち

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山家頼道の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android