コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡景友 やまおか かげとも

3件 の用語解説(山岡景友の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岡景友 やまおか-かげとも

1542-1604* 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)11年生まれ。山岡景之の4男。山岡景隆の弟。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の僧。還俗(げんぞく)して織田信長につかえ,のち道阿弥と号して豊臣秀吉の御咄衆(おはなししゅう)となる。関ケ原の戦いでは徳川方にしたがった。慶長8年12月20日死去。62歳。近江出身。法名は暹慶(せんけい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山岡景友

没年:慶長8.12.20(1604.1.21)
生年:天文11(1542)
安土桃山時代の武将。景之の4男。はじめは三井寺の僧として,暹慶を名乗る。還俗後は八郎左衛門,備前守となり,剃髪後は道阿弥を名乗った。元亀3(1572)年山城国(京都府)半国守護に補任される。足利義昭方にくみし,織田信長と交戦するが敗北,その配下となる。本能寺の変では,明智光秀軍の安土入りを妨げ,以降は豊臣秀吉の麾下となって活躍した。関ケ原の戦においては,徳川家康方について奮戦。特に長束正家の追撃や丹波国福知山城(京都府福知山市)攻略に戦功を上げ,恩賞として近江国内に領地を賜った。また伏見城下に居宅を授かり,慶長8(1603)年には家康を迎えている。

(宇野日出生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまおかかげとも【山岡景友】

1540‐1603(天文9‐慶長8)
安土桃山時代の武将。近江出身。景之の四男。景隆の弟。母は和田惟政の女。はじめ三井寺光浄院の僧となり暹慶(せんけい)と号した。1572年(元亀3)山城半国守護。還俗して八郎左衛門,備前守を称し,織田信長に仕え本能寺の変では膳所(ぜぜ),勢多の船を押さえて明智光秀の安土入城を妨げた。のち豊臣秀吉に仕え剃髪して道阿弥と号し,お咄(はなし)の衆となる。関ヶ原の戦では徳川家康の上杉征伐に従軍,のち桑名城,神戸城,亀山城を接収。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山岡景友の関連キーワード道恵文閑細川玄旨山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代日本史塙団右衛門横目付

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone