コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡米華 やまおか べいか

美術人名辞典の解説

山岡米華

日本画家。高知県生。名は尚樹、字は子敬、通称は幸太郎、別号に小董堂・嫩芳園。幼時名草逸峰南画を学ぶ。上京して裁判所書記をつとめながら大審院であった川村雨谷に師事した、のち画業に専念する。書は長三洲に学んだ。文展審査員。日本南宗画会幹事。日本画会幹事。大正3年(1914)歿、45才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岡米華 やまおか-べいか

1867-1913 明治-大正時代の日本画家。
慶応3年1月28日生まれ。名草逸峰(なぐさ-いっぽう),川村雨谷(うこく)にまなび,書は長三洲(ちょう-さんしゅう)に師事する。日本南画会をへて明治39年日本南宗画会の創立に参加した。大正2年5月19日死去。47歳。土佐(高知県)出身。名は尚樹。字(あざな)は子敬。作品に「秋山閑居」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山岡米華の関連キーワード小坂 芝田池上掃雨松林桂月寺田米陽大正時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android